マツケン先生、訪問する

Posted By on 2014年4月7日

一番上の娘の担任が松山ケンイチ似の先生になった。
だが、娘は一年前から不登校中。
そこへ、いろいろな書類を持って先生が家にやってきた。

マツケン似の先生がいるということはうわさで聞いていた。
一度、会ってみたい、話してみたいと思っていた。
その先生から前日に電話が掛かって来た。
もう、テンションが上がりまくりである。

家中掃除をし、先生を迎える。
20代後半なのだが、他の先生にはない学生のノリが残っている話し方だったので、こちらもリラックスして話すことが出来た。
娘の話半々、先生の話を聞き出すこと半分、アルコールでも入ればもっと盛り上がったに違いない。

娘に自己紹介を書くことを宿題にした先生は、来週再び来るという。
また、楽しい時間が過ごせそうだ。

Comments are closed.