つくしの佃煮、ホントは嫌いなんです

Posted By on 2013年12月15日

ちょっと離れたところに住む主人の母が、用事ついでに我が家に遊びに来ました。
「ほら、たくさん採ったから作ってきたの」と義母が取り出したのは、保存容器に入った大量のつくしの佃煮でした。
それを見て、主人は大喜び!「懐かしいなぁ~」などと言いながら早速おはしでつまんでいました。

確かに「つくし」と言えば春の味。
よく河川敷あたりを歩いていると、ニョキニョキ生えてますよね。

そういう風景を見ると、確かに私も「春ねぇ」とホンワカ気分になったりするんですが、食べるとなると話は別です。
実はつくし、苦手なんです、子供の頃から。

私の実家でも母親が作ったことがあるんですが、あの独特の苦味と胞子の部分の食感が苦手で・・・
「ほら、美味しいから食べてみてよ」と義母と主人から言われ、恐る恐る一口は食べましたが、やっぱりマズイ!
結局断りきれず、大量の佃煮をもらってしまいました。
どうしようか、今から悩んでます・・・

Comments are closed.